So-net無料ブログ作成

明治安田生命J1第13節 ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ [鹿戦記]



G大阪      鹿島アントラーズ

0 前半 0 

0 後半 0

                                           55' 遠藤 康


GK 21 曽ケ端 準
DF 22 西 大伍
DF 20 三竿 健斗
DF 3 昌子 源
DF 16 山本 脩斗
MF 4 レオ シルバ
MF 40 小笠原 満男
MF 25 遠藤 康
MF 13 中村 充孝
FW 7 ペドロ ジュニオール
FW 33 金崎 夢生

・小笠原が先発
・ヤスがレアンドロに代わり先発
・ブエノベンチ入り


・勝負強さを見せ往年の石井サッカーで強敵下す

・入りは甘く、倉田と藤本をうまく捕まえきれず決定機を作られるが曽ヶ端がビッグセーヴ!これが勝負のアヤだった。
・その後小笠原を中心に修正。FWとSHで井手口からサイドへ渡るパスを寸断。縦は両ボランチが寸断できるようになり徐々に鹿島のペースになり、小笠原がよくボールに触れるようになる。ガンバはロストが多くなり攻め手を失う。柏戦のオープンな力勝負から頭脳戦の渋い守備的な緊迫した戦いが展開される。
・後半もポゼッションはイーブンだが鹿島のペース。
・トップに入りたがった中村がしっかりサイドからスタートすることにより金崎が自由に動けより鹿島の442が機能。前半の終わりから多様され始めたサイドチェンジがより多く展開される。
・ゴールを奪った後はガンバの選手交代に合わせてしっかり対応。
・三竿健斗の大活躍もあって守備が機能。
・小笠原とレオシルバが阿吽の呼吸でパスワークが機能。
・伊東はカットインシュートを披露するなど成長を見せる。今年からはただ預けるのではなく縦パスで自らゲームを組み立てていて、またその組み立てが実にセンスがいい。プレッシャーを受けながらできるようになれば西の牙城を崩せるだろう。
・昌子と山本の疲労は限界に来てる。何とか持ちこたえて欲しい。
・中村は厳しい試合では抑え込まれて頼りない。もっと駆け引きの経験を積み駆け引きで自信を持ってプレーして欲しい。
・金崎も良いプレーを見せるが絶好調というわけでもない。次は土居かUMAが先発か
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。