So-net無料ブログ作成

サッカーダイジェスト G大阪戦 採点 &寸評 改 [鹿戦記]

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
決して内容はよくないなかで、首位ターンを決める大きな勝点3。守備陣の粘り強さと勝負強さが光った。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ヶ端 準 7(MOM)
久々の先発ながら前半に1対1をセーブするビッグプレー。終了間際にもボールを抑え込んで気迫を見せ、最後まで集中を切らさなかった。
(弟、小笠原、レオシルバも値するがソガに始まってソガに終わったということでMOM。この試合で一番のビッグプレーは最初のあの少しタイミングを遅らせた飛び出しのビッグセーヴであろう。判断の迷いから出たのかもしれないが)

DF
3 昌子 源 6.5
守勢に回る時間もペナルティエリア内では自由にさせず、堅い守備を見せた。前半にパスミスから許したカウンターは反省点。

16 山本脩斗 6
左サイドから崩される場面はほとんどなく、中村とともに堅守で貢献。サイドの攻防での強さが光った。

20 三竿健斗 6.5
ラインが崩れることもあったが、相手2トップを自由にさせず起点を作らせなかった。
(終盤のビッグプレー連発は凄いの一言。たった3日でここまで成長できるものなのか)

22 西 大伍 6.5
前半にはL・シルバのサイドチェンジを受け、ピンポイントクロスで決定機を演出。遠藤とともに右サイドの攻防で主導権を握った。
(泉澤が出てきたと同時にマークを買って出る。絶対ドリブルを止めてやるという執念が凄かった)

MF
4 レオ・シルバ 6.5
ほとんど穴は作らず、攻守で安定感をみせた。守備ではデュエルの強さを披露し、攻撃では長短のパスで流れをもたらした。

13 中村 充孝 6.5(76分OUT)(5.5)
前半の決定機を決めていればもっと楽な試合展開にできていたはず。ゴールに絡むプレーが求められる。
(前半は守備を放棄し、ゴール乞食に成り下がり何回もトップに移動してはボールに触れられず。その癖バイタル付近に持ち込んでシュートチャンスなのにパスを出してチャンスを潰すメンタルの弱さ。この2つのプレーで減点。)

25 遠藤 康 7.5(87分OUT)(7.0)

右サイド深くの角度のないところから得意の左足で意表を突くシュートを放ち先制点をねじ込んだ。決め手を欠いていた中で値千金のゴール。

40 小笠原満男 6(7.0)
決定的なパスを通して先制点をアシスト。相手ボランチのプレスに苦しんだが大きな仕事を果たした。
(混乱していた守備を修正。前半の途中からボールに触れることが多くなり逆にガンバは攻め手を失いロストを連発していたところからも彼がキーマンであったことがわかる。)

FW
7 ペドロ・ジュニオール 6(60分OUT)
右サイドに流れてスピードで突破を試みる場面も多かったが、チャンスは作れず。ゴールに迫る迫力は見せられなかった。
(身体のキレが良く好調をアピール。相手の脅威にもなっていたがボランチとCBに挟まれ常に相手がチェックできる狭いスペースに誘導されて完全に消された。)

33 金崎夢生 6.5(6.0)
タイトなマークに苦しみながらもボールを収め、攻撃の起点に。最後までハードワークしたが、決定機もあっただけにゴールが欲しかった。
(ハードワークをしたが時折簡単なロストも。身体のキレも試合勘もまだまだ完全ではない模様。セットプレーの守備で何回もクリアしたのは◎)

交代出場
8 土居聖真 6(60分IN)
リードしてから投入され、前線から献身的な守備で貢献。攻撃での違いも見せたいところだった。
(相変わらずゴール前で判断が遅い。唯一のチャンスを潰す。消極的プレースタイルを無理やり強引なプレーにしても合理的ではない)

24 伊東幸敏 6(76分IN)
右サイドバックに入り、攻め上がってロングシュートも披露。短い時間ながらも存在感をみせた

6 永木亮太 ―(87分IN)
クローザーとして登場し、クロスに体を張って止めるなどチームを安定させた

監督
大岩 剛 6.5
首位でリーグ折り返しに成功。就任後5連勝とチームを加速させた。
(交代のタイミング、下げる選手に文句なし。土居ではなくUMAでも良かった)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0