So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカーダイジェスト FC東京戦寸評 改 [鹿戦記]

【チーム採点・寸評】
鹿島 6(5.5)
集中しなければいけない時間帯に、ふたつのゴールを許したのは“らしくない”戦いぶりだった。とはいえ、アウェー3連戦の最後の厳しいゲームでも同点に追いつき、最低限の結果を手にしたのは評価したい。
(相手にやられたのなら6だが自滅なので勝ち点2を失った事実にウェイト行く。減点)

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5(5.0)
最初の失点は反応したが、弾き出せず、2失点目は逆を取られた。ただし、最終盤の相手の猛攻に対しては落ち着いてセーブした。
(変なプレジャンプと酷い反応と対応。日本人GK特有の非合理的な動きで失点。中島のシュートを止めたので最悪を免れる。キックミスもひどい)

DF
22 西 大伍 6(6.5)
右サイドからのミドルパスが冴えわたる。伊東が入ってからは中盤に入り、果敢に前を向いてボールを運んだ。
(あらゆる役割を高いレベルで実現。守備でもしっかり相手についていくなど基本と献身性を怠ることなく精神力の素晴らしさを見せる)

20 三竿健斗 6
相手に寄せられても慌てず味方に預けるなど、ビルドアップに貢献。人に強いディフェンスでも力強さを見せた。
(後半相手の厳しい寄席をダイレクトではたくことにより相手の前線からの圧力で両ボランチのところで狩るプランを無効化。もらう前のステップが素晴らしい。ウタカにもトラップ時を狙いちょっかいを出し入れ替われることなく粘り強い対応)

3 昌子 源 6
奪えなければ前を向かせないなど、状況に応じた守備戦術が光る。32分には意外性のあるミドルを放ったが、これは枠を捉えられなかった。
(何度も縦に出し、攻撃を促すがうまくいかなかった。単純にタイミングと精度が悪いパスもあって話にならなかった。それでもその積極的精神は〇)

16 山本脩斗 5
橋本に競り負けて同点ゴールを許す。キープも不安定で、攻撃参加も少ない。この日は本来の実力を出せたとは言い難かった。
(競り負けではなくマークを怠り、競り合いのジャンプに遅れる。攻撃で挽回しようとする積極性も見せない酷さ)

MF
6 永木亮太 5.5(62分OUT)
ルーズボールの処理は安定。精力的に動き回りながらミドルゾーンで存在感を放ったが、後半はややトーンダウン。
(好き勝手に動いては穴を空ける。失点に絡む。とにかくポジショニングが変)

4 レオ・シルバ 5.5(4.5)
連戦の疲れからか、いつものダイナミズムは鳴りを潜めていた。コントロールミスと橋本への緩いマークで逆転弾を許した。
(2失点に絡む。守備の時は相手の攻撃を読む癖に相手が狙ってる中でドリブルや1タッチプレーをシーズン開始から繰り返しついに失点につながった。)

25 遠藤 康 5.5(77分OUT)
右サイドで起点となり、後半の途中からは中央でプレー。チームメイトの良さを引き出したが、ラストパスの精度が低かったのが減点材料に。

11 レアンドロ 5.5
激しいフィジカルコンタクトで球際では簡単に負けず。力強いドリブルで局面を打開したが、周囲との連係は今ひとつだった。
(ボールによく絡みゲームを作る。もっと相手バイタルでのパス以外での判断の速さを身に着けたい)

FW
33 金崎夢生 6(86分OUT)
鋭い動き出しと高いキープ力で前線を活性化。交代するまで、チームが苦しい時こそ戦う姿勢を貫いた。
(金崎がいなくなって前線の迫力が減る。ただ本人はボールが足に着かなかったりまだまだ思い通りのプレーはできていない。審判に目をつけれイエローカードもいただけない。)
MAN OF THE MATCH
7 ペドロ・ジュニオール 7
こぼれ球に素早く反応してヘッドで先制点をゲット。さらに勝点1をもたらす豪快なシュートを叩きこんでみせる。チームを敗戦から救う仕事ぶりを評価して、MOMに選定。
(チームを救う。橋本と違い最後までピッチに立ち相手ゴールへ迫ったところでMOM)
交代出場
DF
24 伊東幸敏 6(62分IN)
右SBでプレー。できるだけ高い位置を取り、好機を演出。狭いスペースでも中に折り返す優れたクロス技術を見せた。
(監督の戦術を見事に遂行。存在感を出す。西と組み相手左サイドを破壊。カットインシュートを試みるも躊躇。逆サイドへの展開が欲しい)

MF
8 土居聖真 -(77分IN)(5.0)
2列目のセンターに入る。巧みに空いたスペースを見つけてボールを出し入れし、ポゼッションを高めた。
(相変わらず判断が悪い。技術の持ち腐れ。)

FW
9 鈴木優磨 -(86分IN)
限られたプレータイムの中で、エリア内でスタンバイ。ロスタイムに伊東のクロスに合わせようとしたが、シュートは打てなかった。
(時間が少なすぎた)

監督
大岩 剛 6(5.5)
後半途中に4-1-4-1にしてから同点弾が生まれ、ドローに持ち込む。連戦の中で厳しい戦いを強いられたが、価値ある勝点1を掴んだ。
(結果論として土居より先にUMAを投入した方が良かった。少しずつ先入観が采配を迷わせているのか)
kanripage_728x90.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0