So-net無料ブログ作成
検索選択

TM 茨城国体戦を観る [鹿戦記]

今日は出かける行先が鹿島だったので急遽予定を先送りして練習試合を観る。

着いた時には2本目直前

    PJ 土居
中村       遠藤
   久保田 小笠原
山本 昌子 ブエノ 伊東
     川俣


川俣、声良く出すけどそれってコーチングなのかな?とか思うところあり。

久保田、アチコチ首振るだけで足を動かさず最悪のポジショニング。重症だと思った。小笠原がボールを持った時ダイレクトではたいてくれると思い動いてパスコースに自ら相手を入れたあたりに絶望さえ感じた。ボールを貰いたいなら必死で声を出せ。

山本が適当すぎる、本当にそうだといいが今シーズンはずっと低調なので手を抜いていたのは確かだがちょっと劣化が始まってるのかもと思った。

中村はこんな相手でも相手の勢いがいいと微妙。遠藤は仕掛けずバックパス。大岩体制のどん詰まる日は近そう。
土居、決定機で確信がない決定機潰しの糞プレー・・・こりゃこんな数字だわと納得。

チーム全体では相手の勢いがいい時間はハイプレスに苦しむ。そしてPKを与える。

・・・あれ?これってセレーゾ時代によく見たような・・・・

大岩サッカーにはハイプレスが合言葉になりそうな不安を感じた

そして小笠原アウト田中が入り遠藤がボランチに入ると久保田が動き出す。
パスは正確だしいいものがある。
ただ土居でさえ楽々身体ぶつける相手に腰ひけたり鼻血でも出すんじゃないかという必死な形相で当たりに行ったり、色々ときついなー・・・
天皇杯やナビスコでベンチ同士だから永木と組めばいいということにはならなそう、レオシルバも合わなそう。三竿健斗が良いんだろうな。と
色々と三竿中心のチームになりつつある。
遠藤のボランチも攻撃と言う点では悪くなかったが底で横並びしすぎなのでポジショニングの細かい処の改善は必要だろう。守備は厳しそうの一言。
田中はサイズもあるし、身体もできて来たし判断もいいし良いんじゃないかなとも思ったけどスピードかテクニックどっちかあればなと思った。
ブエノはやっぱり攻撃が、パスが糞でした。CBどうするんだろう。

フィジカルが重いのは分かるだけにもっと判断とパスを早くしたサッカーを観たかったし大岩だってそんな指示をしただろう。
現実はパスが遅い。セビージャに残酷なレッスンを受けるはめになりそうだ。
一つ一つのプレーにぬるい練習をしてるこの糞遅いパスの意識を変えて欲しい。


ちなみに茨城国体
懲罰交代させられた6番が糞、判断、パス精度が現代ボランチのタイプから外れてる。
16番が面白かった。スピード、ドリブルに光るモノあり、トラップ、スタミナに不安あり。SHやったりSBやったり、中途半端な扱いを受けているがそれ以上に本人の消極性、ボールへの執着心のなさが目につく。よく周りを観てる割にはゲームを読まないポジショニングが多い。鹿島の消極王の土居の2倍の消極性だから16なのか・・・
トップ下とかボランチとかやらせてみるのもあり。
15番はそのままFWでヨロシ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0