So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカーダイジェスト ベガルタ仙台戦 採点 & 寸評(改) [鹿戦記]


【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
5バック気味で守る相手に対し、序盤は攻めあぐねたが、前半アディショナルタイムに中村のスルーパスを受けて、土居聖真が先制点。試合の主導権を握ると、三竿健の活躍もあり、危なげなく時計を進めた。終盤には鈴木がジョーカーとしての仕事を果たし、完封勝利。2連勝を飾った。

【鹿島|採点・寸評】
GK 
21 曽ケ端準 6(6.5)
濃霧で視界が制限されるなかだからこそ、配慮あるポジショニングで最終ライン裏などをケア。相手の唯一のシュートもパンチングで防いだ。
(唯一にして試合の分岐点になりそうな相手の決定的シュートを視界が厳しい中しっかり弾き出したのは評価)

DF
24 伊東幸敏 6(5.5)
節目のリーグ通算50試合出場。深い位置からのクロス供給もあった。
(パスミスが目立ちパス回しにうまく参加できず、自身のパスミスから小笠原にイエローを与えてしまう。むやみに遠藤を追い越しては相手のカウンターのスペースを与え非効果的)

5 植田直通 6
怪我から復帰後、上り調子。それは背曲的に組み立てに参加する姿勢にも表れている。
(一回ミスがあったがパスをしっかり繋ぐ。出足鋭く身体を当てインターセプト気味に相手の後ろから奪ったのも良い。昔ながらのDFにしてCBの守り方で安定)

3 昌子 源 6
大岩監督に叱責を受けての一戦。パスミスは何度か見受けられたが、絶え間ない身ぶり手ぶりの指示は、鹿島の3番の姿だった。
(高い集中力で最終ラインを統率。一時期の身体の重さは幾分か和らぐ。復調気配)

22 西 大伍 6(5.5)
本職とは逆の左サイドバックで出場。5バック気味の相手に対し、変化をつけて崩そうと腐心した。
(霧の影響もあり、ポジショニングに苦労。パス回しで少し窮屈なプレー。前半は相手のカウンターに手を焼く。遠藤とセットで使った方が良い)

MF
40 小笠原満男 6
3試合ぶりの先発復帰。ボールの取りどころ、ピンチの芽の摘み所を心得たプレーを披露。中断中も声をかけ続けた。
(速いパス回しで相手を寄せ付けず、効果的な配給。最後までプレスをかけ続け相手のセカンドボールを拾った連続攻撃を許さず)

20 三竿健斗 7
被シュートを1本に抑えた立役者。ボールを奪うプレーの質が高く、その後の展開も正確だった。
(相手に囲まれた難しい状態でも後ろに下げず前にボールを出し続け、ほとんどミスがないところが凄い。中盤の安定性をもたらした。圧巻は70分以降の相手が攻めに出て来た時間帯でのボール狩り。獅子奮迅の活躍にて昌子に仕事を与えず)



25 遠藤 康 6(76分 OUT)(5.5)
チャンスに多く絡んだ。相手はファウルで止めることが多かっただけに、仕掛けるシーンを増やしても良かった。
(ギア全開で試合に入れず試合勘が少し鈍ってることを証明。開き過ぎてすぐ後ろに下げたためパス回しのルートが硬直化した場面も。もっと仕掛けたり中で受けたり柔軟性が欲しい)

13 中村充孝 6.5(83分 OUT)
チーム最多のシュート3本にも表れるように、多くのチャンスを作った。チームの攻撃、自身の動きにも緩急をつけ、相手を幻惑。1アシスト。
(ほとんどの決定機に絡む。文句のない働き。決定機のシュートを入れてもう一段階上の選手を目指したいところ)

FW
33 金崎夢生 6.5
後半アディショナルタイムにチームの2点目をアシスト。貢献度は高いが、決定機は生かせなかった。
(ボールを持った時には4人に囲まれるなどマークが厳しすぎた。突破もいいがテンポ良く味方にはたく柔軟さも欲しい。)

8 土居聖真 7(69分 OUT)
動き出しのタイミング、ファーストタッチからシュートまで完璧な先制点。霧に乱されそうな展開を打破したゴールは、まさに値千金。

交代出場

FW
9 鈴木優磨 6.5(69分 IN)(6.0)
後半アディショナルタイムに試合を決めるゴールを挙げた。チームが終盤に使う体力を軽減させ、今後の連戦に向けても大きな1点。
(結果を出したが、相手ボランチにもDFラインにもまったくプレスをかけない怠慢は減点。時間帯でのチームプレーを理解して欲しいところ)

MF
30 安部裕葵 6(76分 IN)
出場直後に強烈な左足ミドルシュートを放った。鈴木のゴールは安部が決めてもおかしくなかった。


DF
16 山本脩斗 ―(83分 IN)
1点をリードした83分から途中出場。失点を防ぐミッションを果たした。
(冴えない動きで曖昧なポジションで左サイドからの攻撃を許す)

監督
大岩 剛 6.5(6.0)
3連戦を見据えて先発3人を入れ替えた上で勝利に導いた。3枚の交代を切って、チームに息を吹き込んだ。
(点に絡んだ二人の投入とタイミングは文句なし。西と山本の縦関係は逆の方が良かったか。)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。