So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカーダイジェスト 採点 & 寸評 改 ヴィッセル神戸戦 [鹿戦記]

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
セットプレーから先制される展開も、65分過ぎから、徐々に盛り返し、相手を押し込む時間帯が増えた流れのなかで、きっちりとチャンスをモノにして鮮やかな逆転勝ち。最後はCB3枚にして手堅く守り切った。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5(5.0)
CKから渡部に奪われた失点では、前に出るがパンチングが届かず。直前のポドルスキのシュートは防いだのだが……。キックの精度も微妙だった。
(キックのほとんどがタッチを割り相手ボールになり攻撃の芽を潰した。失点時にはやってはいけない決定的なミスをした。日本のGKはあまりに飛び出しては目測を誤りボールに触れないという最悪のプレーが多すぎる!)

DF
22 西 大伍 6(6.5)
前節は左SBだったが、今節は主戦場の右SBでプレー。前の選手を走らせるパスを供給し、その後のサポートも的確だった。
(逆に植田のカバーに走るはめに。追い越す上がりは自重気味だが決定的な好クロスを送る。逆転のレアンドロへのパスの前に1秒ためて相手の守備バランスを崩したセンスが光る。)

5 植田直通 6(5.5)
失点の場面では後ろにいた渡部に競り負けた。それ以外では昌子とともに強固な守備ブロックを築き、ポドルスキ、ハーフナー相手に高さでも負けなかった。
(カバーに遅れ相手に先に触られる場面が多かった。サイドで1対1になった時は100%止められない対ドリブルの守備の弱さ。失点時のマークといい、DFラインの穴だった)

3 昌子 源 6(6.5)
前に後ろに鋭く動いてディフェンス。48分のエリア内でポドルスキにかわされたプレーは“らしく”なかったが、失点後も気持ちを切らさず、局面で強さを見せて勝利に貢献した。
(影のMVP。苦しい前半を凌げたのは昌子の的確なカバーリングのおかげ。仙台戦の復調気配がまた力強くなった。ミスパスをなくしたい)

16 山本脩斗 5.5
前半は攻守両面でほとんど見せ場を作れず。連係では味方と息が合わないなど、この日は本領を発揮できなかった。
(何度も相手SBの裏を取れる場面で足を止めて中途半端な無意味な上がりという現象を起こす。守っては大森らを自由にさせ、前半の苦戦の最大の要因であった。)

MF
20 三竿健斗 6
L・シルバと上手くバランスを取りながら中盤を構成。守備的な仕事が多かったが、ソツのないプレーで後半の攻勢を支えた。
(裏にパスを送るなど今までと違ったパスも出した。後半相手のサイドを潰すことによりチームが中盤で優位を保つのに貢献した)

4 レオ・シルバ 5.5(6.0)
12分、82分に惜しい直接FKを放つも、ゴールならず。一方で、イージーなパスミスも。多くのセットプレーを担当したが、得点に結びつかなかった。
(幅広く動きパスを散らすことにより鹿島の反撃のリズムを作った。守備でもっと味方と連携して安定性を出したい。CKはキッカーとして落第点だった)

13 中村充孝 6.5(74分OUT)
65分のボレーはミートできなかったが、同点弾の場面では、正確な落としで金崎のゴールをアシストした。
(何度も前を向いてドリブルを仕掛け鹿島の攻撃の形を作った。アシストは見事。攻撃も守備もポジショニングがよくなってるがもっと早くいい位置を取れるはず。)

11 レアンドロ 6.5
自身のファウル後に相手とやり合うなど、ややイラつく場面もあったが、狙いすました縦パスで金崎の逆転ゴールをお膳立て。
(10m以内の目を瞑ってもできるような簡単なパス回しで雑なパスが目立つ。味方のプレーを遅らせないようにきっちり相手の利き足にパスを送る丁寧さを身につけたい。運動量とスピードでチームに貢献)
 
MAN OF THE MATCH
FW
33 金崎夢生 7.5(88分OUT)MAN OF THE MATCH
これぞエースの仕事ぶり。中村の落としを正確な右足シュートでねじ込むと、巧みな裏への抜け出しでキム・スンギュとの1対1を制し、試合をひっくり返す。前を向いてボールを持てば推進力あるドリブルで敵を押し込み、精力的なプレスバックでも奮闘した。

8 土居聖真 5.5
相手の背後を狙いつつ、引いて受ける時の身体の向きひとつでDFをかわす技術は見事。しかし、結果を残せずに途中交代。

交代出場
FW
9 鈴木優磨 6.5(57分IN)
失点後、土居との交代で2トップの一角に。左サイドをドリブルで突破し、クロスを供給。これが金崎の同点ゴールにつながった。
(復調。攻守にアグレッシブさと集中力が見られる。トラップとパスの基礎技術を上げミスを減らしたい。今のままでは良いプレーも多いがミスも多い使いにくい不安定な選手になる。PK取りに行く姿勢が格好悪い)

MF
30 安部裕葵 6(74分IN)
左サイドでプレー。ピッチに立ってすぐ、金崎へのスルーパスを狙うもこれはオフサイド。相手のファウルを誘うドリブルは健在。守備も手を抜かず。

DF
17 ブエノ ―(88分IN)
昌子、植田と隙のない最終ラインを形成。プレータイムは限られていたが、クローザーとしての仕事を完遂した。

監督
大岩 剛 6.5
鈴木、安部の投入で一気に流れを引き寄せ、逆転勝利。最後は3バック気味に守り、敵地で勝点3を奪取し、暫定ながら首位に立った。
(中村よりミスも多くすでにイエローもらってるレアンドロを残した采配が的中。後半の修正といいマジックのようだ。)
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。