So-net無料ブログ作成

ルヴァンカップ 準々決勝 1st leg ヴェガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ [鹿戦記]


ベガルタ仙台          鹿島アントラーズ

0    前半    0

3    後半    1

         60' 中野 嘉大                  75' 土居 聖真
         64' 奥埜 博亮
         85' 奥埜 博亮

GK 1 クォン スンテ
DF 22 西 大伍
DF 17 ブエノ
DF 20 三竿 健斗
DF 16 山本 脩斗
MF 40 小笠原 満男
MF 4 レオ シルバ
MF 25 遠藤 康
MF 11 レアンドロ
FW 8 土居 聖真
FW 9 鈴木 優磨


・昌子、植田が代表に行った為、レオシルバ、ブエノ、遠藤がスタメン
・中村金崎がベンチ
・鈴木優磨がスタメン


★★★  恣意的な日本独自の悪意ある審判とクォンスンテの痛恨のミスにより敗退 ★★★

・仙台が自陣のミドルゾーンで鹿島のサイド攻撃を徹底的に潰し、そのままの勢いでサイドを突くカウンターが機能。鹿島がボランチからSHに渡ってからまたSB、ボランチ、CBに戻す展開が何回も見られる。ハイプレスされた時の組み立ての拙さがまたしても露呈される

・相手に持たしてからのカウンターも単発ながらも効果を見せそうな時に限って主審の山本が鹿島に一方的な笛を吹く。この準々決勝で敗退させようとする極めて悪意あるジャッジングだった。レオシルバが腰で相手をブロックしただけで33分にはイエロー。これで活発に動けなくなった。いつものボランチの手足を縛る家本世代や西村のやり方だ。一方相手は身体ごと突っ込んで足を払おうがファウルはなし。鹿島は審判に悩まされ攻撃のリズムも守備のリズムも作れなかった。抜かれれば後ろから体当たりで止める下手糞で荒いチームが競技力において有利になってしまう日本サッカーが審判によってレベルを下げられてることが証明されたような試合であった。

・後半も流れは変わらなかった。急造CBコンビは耐えていたがセットプレーで痛恨の失点をしてしまう。ストーンの鈴木が来る相手に注意を払わず単純なジャンプをしていたのと、マークについていた山本が鈴木に任せたのか完全な職場放棄をしたのが失点につながった。山本のマーキングのミスでの失点は流れの中でも多く今年は攻撃もひどく守備でひどいのが大問題となっている。

・それ以上に問題だったのはGKのクォンスンテだった。調子は最悪だし、試合勘はなし。今シーズン度々観られたセットプレーの適当な指示がこの試合では決定的なミスになった。大岩はGKの起用で大きな間違いを犯した。相手がカウンターとセットプレーに勝機を見出すことは予想がついたことだしそこにキャッチングと反射神経こそいいものセットプレーで不安定さを残すスンテをいきなり出したことは結果論でなくても非合理的な選択だったと言わざる得ない。川崎戦のレオシルバの起用、遠藤ボランチ3バックに続き2度目の大きなミス。

・試合の趨勢は決まったが残りのホームの第2戦がまだあるのにレアンドロがやらかしてしまう。活躍してるもののパスミスが多いし、攻撃の質を「保証」するくらいにはない不安定な選手と観ているがこの日は悪い方に大きくブレた。

・そして決定的な3点目を献上してしまう上にブエノが退場。CBの本職がいなくなってしまった。三竿はプロフェッショナルファウルをするべきだったし、その前にやはり山本がくだらないパスミスで絡んでいる。

・鹿島の失点の多くに遠因的に山本とレオシルバが絡んでいる。チームの問題ではなく個人の問題で、レオシルバはこの日もバイタルを空け終始守備時にジョギングでフラフラと漂った。新潟時代のようなスプリントは一回も出せていない。これじゃあ強度の高いビッグマッチに勝てない。来年には絶対いなくなって欲しい。
  












鹿島4.5 近年稀にみる悲惨な内容。パスミスは多く、ボールの動く予測がことごとくズレ五分のボールが相手にほとんど渡る。常に後手を踏み相手に簡単にサイドを破られる。退場者で次節も相手を楽にする愚かなプレーも出てしまう。チーム全体のリスクマネジメントができず。 

GK 1 クォン スンテ(4.5)
セットプレーの度に不安定さを見せる。いつの間にか守備範囲はゴールエリアのほんの一部しかないという狭さ。キックミスも多く試合に出るレベルになかった。


DF 22 西 大伍(5.5)
苦戦するパスワークにおいてタメを作ったりサポートに出たり、ボールの逃げどころとなる。西が早々と下がってから鹿島が時折見せていたショートカウンターなど仙台にとって嫌な攻撃がなくなり機能不全に。

DF 17 ブエノ(5.0)
サイドをついてくる相手のカバーによく走り耐えていたが、焦ってやらなくてもいいプレーで退場に。チーム事情を考えないプレーで大減点。弱点のパスのひどさはこの日は見られなかった。

DF 20 三竿 健斗(5.0)
3失点目は何が何でも止めるべきだった。ファウルを恐れたプレーただ一つで減点。その他はよくやった。

DF 16 山本 脩斗(4.5)
2失点に絡む。攻守で低調な出来。つなごうとして相手に渡ってショートカウンターでピンチを招くのが多すぎる。

MF 40 小笠原 満男(5.0)
よく戦うが、ハイプレスの前に沈黙。半身になると半身のまま背中側のサイドに散らせない展開力のなさとドリブルのなさで攻撃に閉そく感がある。相手ボランチに比べるとアタッカーに入った時の潰しは遅い。

MF 4 レオ シルバ(4.5)
バイタルをしょっちゅう空け、球際でまったく勝てず。相手の数メートル前に遅れて立つだけでまったく戦っていない。守備を他人任せにしセカンドボールを予測しよく拾うがそれは乞食というもの。非合理的非組織的に好き勝手にプレーしすぎる。

MF 25 遠藤 康(5.0)
審判が厳しいとはいえ、ボールを失い過ぎた。前半は試合勘のなさも露呈。カウンターの場面でどん詰まりにするプレースピードの遅さは致命的

MF 11 レアンドロ(4.5)
前半の決定機を決めていれば変わったのかも知れない。愚かなプレーで退場してチームに迷惑かけたことは言語道断。イライラせずフィジカルスピードに頼らずポジショニングで相手との駆け引きに長けたいところ。

FW 8 土居 聖真(6.0)
攻守に走り、積極性を見せファンタジックなドリブルも披露。鈴木と守備でも攻撃でも噛み合わなかった。もっと無駄走りでもいいから裏抜けで相手DFラインを引っ張りたかった。久々の得点は希望の得点となった。

FW 9 鈴木 優磨(5.5)
孤立気味でよくボールを失うし、パス、トラップでも単純なレベルの低いミスを何回もした。組織的な守備を、土居とのコンビネーションでしっかりやりたかった。縦への推進力も欲しい。

DF24 伊東 幸敏(55’in) (5.0)
西の後に入ったことで攻撃の機能不全になったところからも、攻撃の技術が低レベルにあることを示してしまった。

FW33 金崎 夢生(65’in)(5.5)
ゲームの趨勢が決まった中で必死のチェイシング。観る者の心を揺さぶる。PA内の相手ハンドをわざと見逃す悪意あるジャッジングに苦しめられた

MF13 中村 充孝 (75’)

監督 大岩 剛(4.5)
レオシルバは仕方がないとしても連携面に課題があるクォンスンテをいきなり投入したのは完全に失敗だった。HTでの修正もまったくできず前半と同じような後半の相手の攻撃を出させた点も問題

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。